Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

[C164] →みかんさん

うわあみかんさんお久しぶり嬉しい!
トランジットで暗い体験した話はよく聞くよね。全然ぴんとこなくてごみん。
もう行くとこなくなっちゃったって場合は是非行ってくださいロシア。
しかし渋い本をお読みですね(もちろん知りませんでしたので検索しました)。
わたくしも近々ソルジェニーツィンを続け読みしてどっぷり落ちようと思ってます。
  • 2012-08-05 18:48
  • mchigu
  • URL
  • 編集

[C163]

いまさらのコメントで失礼します・・・

昔、遅延したため、空港のノボテルに監禁されたことがあります。
日本語を話すアエロフロートの魔女がいたよ!(美魔女にあらず)

最近旅行にワクワク感がなくなってきたと友達に話したら、
そういう時はね、東欧!
って即答されて、ロシア熱が上がったところで、
チャイルド44っていう本を読んでしまって
再び熱が冷めて、そんなこんなでこの記事を読みました。
写真がきれいだからかなあ、
また行きたい熱が上がってきました。
  • 2012-07-17 17:28
  • みかん
  • URL
  • 編集

[C160] →いしこ

そうかーいまいちモスクワのイメージよろしくないね。
私の場合は、愛想のない店員もいたけどおおむねみんな普通もしくは感じ良かったなあ。
運が良かったのか。
しかしロシア料理これでは食べたうちに入らないね。食べたりない。
  • 2012-06-02 20:43
  • mchigu
  • URL
  • 編集

[C159] →肩幅ヒロシさん

どうもありがとうございます。
自分で記録したくて書いたけど、感想いただいてとても嬉しい。
お湯はちょろちょろですが出ましたよ。
他の先進国で水しか出ないユースホステルに泊まったことがあるので
ちょろちょろ上等でした。トイレもあったし。
今現在のモスクワは旅行者にとても優しいと思いました。
  • 2012-06-02 20:41
  • mchigu
  • URL
  • 編集

[C158]

ワタクシは、ロシアというとモスクワの空港内で一夜を過ごしたこと。ツンツンしたお店の女性のイメージしかないっす・・。
ボルシチはうまそ~!にんにくラブ~。
  • 2012-05-24 00:29
  • いしこ
  • URL
  • 編集

[C157] じゃあ灰色のビルは一体…

あー面白かった!(笑) 3回ぐらい読み直しちゃいました。
KGB、正解はКГБらしいですね。色々と惜しい!
いいですねえモスクワ。ホテルはお湯が出ないとか、施設にトイレが無いとか聞いた事がありますが、今はそんな事無いんでしょうか。それなら私も行ってみたい。
これだけ纏めるのも大変だったでしょう、お疲れ様でした。そして楽しい旅行記を有難うございました!
  • 2012-05-23 03:26
  • 肩幅ヒロシ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

モスクワに行ったの巻 6日目(ロシア料理と帰国)

前夜パッキングをしてから、この短い旅でやり残したことをリストアップして、
迎えが来るまでの限られた時間にどこに行くかを考えた。
ゆるく無計画な上に1日ロスしたことにより、やり残したこと。

 ・クレムリン見学(世界遺産で政府中枢でロシアの中心で、周囲は歩いたけど
 ・手芸店(下調べばっちりしてきたんだけどな
 ・ロシア料理(ボルシチもまだ食べてないのにスシ食べてる場合じゃなかった
 ・郵便局(切手も見たいし旅先ではできるだけ行きたい

 クレムリンは寺院とか武器庫(財宝とか)見学になるけど
 それはどっちももう赤の広場と白と青と金の教会でお腹いっぱいだよね。
 手芸店はこの際いいよ、何か欲しくて行くわけじゃないから。
 郵便局も通りすがりになければもうスルーでいいよ。
 それより「何食べてきたの?」って聞かれてもこのままでは
 「スシ…」としか答えられないではないか!
と深夜に真剣な会議。

というわけで、最終日、15時に空港送迎車が迎えに来るまでは、ロシア料理一本に絞る。
(街に出るのにホテルから徒歩・地下鉄で30分はかかります。)

6日目

IMG_2065.jpg

9時までぐうぐう寝てから、いつもの朝ご飯。キャベツは毎朝お代わり。
本日はポーリッジにも手を出し、さて部屋に戻ろうとすると

…さっきまで普通に稼働していたエレベーターが壊れていた。

IMG_2067.jpg

「あらまあ」程度のことだけれど、
スーツケースを運ばねばならない日に壊れるのは非常に残念なタイミング。
各20kgのスーツケースを4Fから1Fまで、
さらにチェックアウト後預かって貰うので、地下の荷物室までまた階段で運んだ。
遅起きで蓄えた体力が早くもリミットに近づく。

IMG_2078.jpg

↑地下鉄の駅まで道すがら。左側は泥んこの幹線道路、右側はこんな景色。

さて街まで出てきた。目的はロシア料理だけ、とシンプルだが
折角なのですぐ近くにあるらしい旧KGB本部のビルを見に行こう。

 ↓地図だとほらあのオレンジ色のビルがあるあたりみたいよ。

20_20120518130857.jpg

 いやーでもあのオレンジは旧KGBにしてはかわいすぎるでしょう。
 だよねえ。
 なんか地図間違ってるよねえ。
 ↓向かい側のこっちのビルの方がそれっぽいよ、こっちが正解じゃないか?

IMG_2084.jpg

 そうかもそうかも、なんか陰鬱でそれっぽい!キャー怖いわねえ。
 壁の銘板になんか書いてるよ、
 ↓あ、ほら下の方に、頭文字とったら K、G、B、って書いてるじゃん!
 あのLをさかさまにしたのはGだったよね! 
 そうだそうだこれが旧KGBだ!

IMG_2082.jpg

あの時誰か日本語がわかる人がこの阿呆コンビの恥ずかしい会話を聞いていなかったことを願う。
旅先の変なテンションがこの根拠のない非論理的な解釈を導き出したのだろうか。
帰国して少々冷静になると、何故二人ともあれで自信満々に納得したのかよくわからない。
たぬきに化かされたとしか考えられない。

本当は、↓最初に地図どおりの場所に建っていたオレンジ色のビルが旧KGBでした。

IMG_2081.jpg

さて目的の昼ご飯。
出発前は「一度はお洒落してちゃんとしたロシア料理食べに行きたいよね」と言っていたのに
実際行くとお手軽貧乏旅行な気分になったので、
この日のロシア料理もチェーン店でお気軽らしい「ヨールキー・パールキー」へ。

IMG_2090.jpg

↑まず、キャベツとゆで卵のピロシキ。味があんまりなかった。
パン生地はほんのり甘みがあって美味しい。

IMG_2093.jpg

↑ボルシチ。
旅前に「ロシア行くの? ボルシチしか知らないわ」と何度か言われた有名なボルシチ。
にんにくががっちり効いていて、具だくさんで美味しかった。

IMG_2095.jpg

またブリヌイ(クレープ)。今度は挽肉入り。
これもスメタナ(サワークリーム)で食べる。
挽肉の味だ。(説明が下手とよく言われます

IMG_2096.jpg

「おばあちゃんのペリメニ」(餃子)。
中身がマッシュポテトで、これは変わり種らしいが
見て想像したままの味だった。
特別に感激するほど美味しいわけでもなかったけど、美味しい。
二人なのでこれでお腹がいっぱいになってしまった。

IMG_2097.jpg

↑二重三重タテヨコの路駐で、車が通れなくなっている通りがあった。

15時ホテルに戻り、迎えの車に乗って空港に向かう。
送迎の車酔いが大きな懸案事項であったけれど、
帰りの運転手のおっちゃんは笑顔でとてもマイルドな運転で、快適ドライブだった。
日露のガムを交換してなごやかに。

IMG_2114.jpg

シェレメーチエヴォ空港は新しくてキレイ。
「モスクワ経由にしたらトランジットの間無味乾燥な空港で軟禁状態になり…」
なんていう話を学生時代に聞いたけど、今は昔なのだな。
↓免税店でシャネルのデニム色のシリーズのネイルを塗ってみた(左3本。)
ここでも「最後だから」とイクラのブリヌイを頼んでみたが
空港価格とはいえ値段が街場の2倍、失敗。

IMG_2111.jpg

↓帰りのアエロフロートは空いていて、真ん中4列を2人で使うという幸運。
むくみやすい脚を上げることができて、歓喜のフライトだった。

IMG_2119.jpg

------------

無事帰国し、短いモスクワ旅行で思ったこと。
美女がものすごく多し。
そしてお洒落な人がものすごく多し。
「あ、あそこに美女。あ、そこにも美女。あ、あの人も美女」状態。
顔の造作というより、もう全体像が美しい。
色を上手に使ってとても自由に装っている感じがして、
毎日それが刺激になって楽しかった。

russia_04.jpg

↑地下鉄構内をコツコツとヒールを鳴らして颯爽と歩いて行った赤毛の美女。
うわああと思って振り返って目に焼き付けて手帳にメモ。

眉間に皺を寄せている人が多かったけれど、
我々が地下鉄の路線図をじっと見ていたりすると
眉間に皺を寄せたまま「どこに行きたいの」と聞いてくれる。
単純に「わーみんなしんせつ!!」と思った。

街のトイレがきたなかったらどうしよう、と思って旅立ったけれど
特にそんなこともなく、支障はなかった。

ZARAがいくつもあったので、
「もし寒かったらZARAで何か買えばいい」と思っていられた。
実際は今年4月末のモスクワは20度を超えて日差しが強く、
朝晩に春コートをはおるだけで、あとは半袖でもいられるくらいだった。

あまり色々な物を食べる機会を作れなかったけれど、
食べたのはどれもやさしい味で、口に合った。

人混みではスリに注意、不穏な空気には敏感に、
治安悪そうな場所は避ける、夜道は最大に警戒、など
個人旅行者として普通に気をつけて過ごしていたけれど、
危険な目、いやな目には(運良く?)全然遭わなかった。
(ダフ屋のチケットがくず席だった件は、
ダフ屋だし、そんなもんでも不思議はないと思う。)

結論としては、ロシアほんとにいい、すごく楽しい、また行きたいです。
長々とお付き合いありがとうございました。


コメント

[C164] →みかんさん

うわあみかんさんお久しぶり嬉しい!
トランジットで暗い体験した話はよく聞くよね。全然ぴんとこなくてごみん。
もう行くとこなくなっちゃったって場合は是非行ってくださいロシア。
しかし渋い本をお読みですね(もちろん知りませんでしたので検索しました)。
わたくしも近々ソルジェニーツィンを続け読みしてどっぷり落ちようと思ってます。
  • 2012-08-05 18:48
  • mchigu
  • URL
  • 編集

[C163]

いまさらのコメントで失礼します・・・

昔、遅延したため、空港のノボテルに監禁されたことがあります。
日本語を話すアエロフロートの魔女がいたよ!(美魔女にあらず)

最近旅行にワクワク感がなくなってきたと友達に話したら、
そういう時はね、東欧!
って即答されて、ロシア熱が上がったところで、
チャイルド44っていう本を読んでしまって
再び熱が冷めて、そんなこんなでこの記事を読みました。
写真がきれいだからかなあ、
また行きたい熱が上がってきました。
  • 2012-07-17 17:28
  • みかん
  • URL
  • 編集

[C160] →いしこ

そうかーいまいちモスクワのイメージよろしくないね。
私の場合は、愛想のない店員もいたけどおおむねみんな普通もしくは感じ良かったなあ。
運が良かったのか。
しかしロシア料理これでは食べたうちに入らないね。食べたりない。
  • 2012-06-02 20:43
  • mchigu
  • URL
  • 編集

[C159] →肩幅ヒロシさん

どうもありがとうございます。
自分で記録したくて書いたけど、感想いただいてとても嬉しい。
お湯はちょろちょろですが出ましたよ。
他の先進国で水しか出ないユースホステルに泊まったことがあるので
ちょろちょろ上等でした。トイレもあったし。
今現在のモスクワは旅行者にとても優しいと思いました。
  • 2012-06-02 20:41
  • mchigu
  • URL
  • 編集

[C158]

ワタクシは、ロシアというとモスクワの空港内で一夜を過ごしたこと。ツンツンしたお店の女性のイメージしかないっす・・。
ボルシチはうまそ~!にんにくラブ~。
  • 2012-05-24 00:29
  • いしこ
  • URL
  • 編集

[C157] じゃあ灰色のビルは一体…

あー面白かった!(笑) 3回ぐらい読み直しちゃいました。
KGB、正解はКГБらしいですね。色々と惜しい!
いいですねえモスクワ。ホテルはお湯が出ないとか、施設にトイレが無いとか聞いた事がありますが、今はそんな事無いんでしょうか。それなら私も行ってみたい。
これだけ纏めるのも大変だったでしょう、お疲れ様でした。そして楽しい旅行記を有難うございました!
  • 2012-05-23 03:26
  • 肩幅ヒロシ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

mchigu

Author:mchigu
なまえ、「えむちぐ」と読みます。洋裁と猫と桜餅と苺と讃岐うどんと餃子が好きです。でも飼ってるのは犬です。
コメントや拍手をくださる方、ありがとうございます。こっそり小躍りして喜んでます。

FC2カウンター

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。