Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

anneecotton*のTina

以前縫ったものをまとめた記録です。
パターンはコレ
サイズは40号です。

↓1枚目、2008/2。青い重めのウールジャージー。
デフォルトデザインだと、胸元はギャザーでなくピンタック指示。
しかしピンタックにして胸まわりがフィットするよりも
ふわっとギャザーが寄る方が好みなので、毎度ギャザーにした。
(ギャザーにする説明も仕様書にあります。)

122-340.jpg

肩幅はぐっと小さく内に入っているけれど、
私の厚めの肩もふわっと包む袖山だった。
気に入って仕方なく、何度も着ている。


↓2枚目、2008/5。
うっかり袖を左右逆につけてしまい、
ほどいたところで力つきて、乱暴に袖なしにしてしまった。
でも、ノースリーブもいいみたい。

348-340tina.jpg

この年の夏はさんざん着たおして、翌年はパジャマにして、天寿を全うした。


↓3枚目、2008/7。
解像度の低いジュエリープリントで、袖なしバージョン。
出来上がってからなんとなく裾に深緑のニットを足した。

132-340tina.jpg

これもこの夏よく着たが、ニットの質感故かすぐにパジャマ風味になったので
夏の終わりを待たずにパジャマになり、翌年やってきた犬により裾が裂けて廃棄。


↓4枚目、2008/11。ワインレッドのふわふわのアンゴラニット。
やっぱりこの型紙は好きだなあ。
ただ冬はどうしても常に静電気を帯びるので、
このニットはよくふとももに貼り付きまくってしまい、出番が少ない。

148-340tina.jpg


↓5枚目、2009。在庫布消費目的でパジャマ。

tina5.jpg


↓6枚目、2009/7。まだ縫う。今度はパーティー用で、コットンリヨセル天竺。
薄手でたらりとアイロン台から落ちる。

183-340.jpg

タートルネックについては、くしゅくしゅっと下にたまるのではなく、
自立する衿を、折らずにくしゃっと立てて着るのが好きだ。
でもこの布だとくんにゃりとして全然立たない。
しっかりめの接着芯を貼れば、着脱や洗濯を繰り返すうちにはがれそうだし、
ちょこっと考えた結果、別布のリブニットを1枚、芯として衿の中に仕込んでみた。
また、この布は726を縫うつもりで買ったので
用尺が足りず、衿は上下のわにできずに継いだ。
結果、こってりごつく重い衿でちょいとムチウチのギプス風味になったけれど、
自立はする。気に入った。


↓7枚目、2009/10。型紙代、元取りまくり。
今度はゆるい法事(新幹線移動つき)用に、真っ黒な圧縮ウール。

156-340tina.jpg

あーこれも激しい静電気で太ももにぴったり密着して大変だった。
思うに常に私の敵は静電気だ。

世の流れはもうドロップショルダーのようだったけど、
肩がきゅっと内側に入っててこんもりした私の丸肩を隠すこのワンピが
まだ好きだ。でもこれだけ縫ったのを振り返ると、そろそろ飽きた。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

mchigu

Author:mchigu
なまえ、「えむちぐ」と読みます。洋裁と猫と桜餅と苺と讃岐うどんと餃子が好きです。でも飼ってるのは犬です。
コメントや拍手をくださる方、ありがとうございます。こっそり小躍りして喜んでます。

FC2カウンター

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。