Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

スポンジのボンディング布で一重のコート(たまねぎ工房Wilma)

ボンディングニット、面白そうだ。
「アザトいのうえ」で見つけた、ニットとニットの間にスポンジが挟んである布。
去年ブランドものの洋服でも見かけたような。
どうなるかわからないけど縫ってみたい。

というわけで、たまねぎ工房のウィルマを40号で縫いました。
B衿を使用(見返し始末に変更)、前にもやったように、持ち出しをつくって前あきにアレンジしました。

154879_20161118134359efc.jpg

本当はグレーが表、紺が裏だそうですが、
紺を表にして使いました。
前立ての幅は3cmになるようにして、ロックして2折。

まち針は刺さるし痕も残らないし、縫いやすい布です。
アイロンはかからないけれど、手で折ったところはすんなり折られる素直さがあります。
そしてぷかぷかとしてシルエットがふくらんで、全然体に沿わなくて面白い。
薄手のスポンジですので、ギャザーは寄せられません。

3333333.jpg

2016-11-17-9.jpg

三つ折にするとかさばるので裾や袖や前立ての持ち出しはロック2折。
縫い代も割れないのでロック縫い合わせ。
ステッチは深く食い込むのですごく主張します。

私は縫製が下手ですが、この布は、思いの外ヘタがばれにくいと思いました
(私がばれてないと思っているだけかもしれない)。
シュプールに取り付ける職業用ボタンホーラー(取扱い苦手)でホールを開けましたが、
思ったよりは普通に開けられる布でほっとしました
(もっと目飛びに苦しむかと思ったので)。

冷たい土砂降りの朝、これを着て(傘をさしましたが)ずぶ濡れになりました。
でもスポンジ層のおかげで、全然寒くありませんでした。
駅に着いてずぶ濡れなのににやにや。
外側は雨を吸い込むけれど、中まで通さなかったし、
なにしろこれはものすごく軽い。
スポンジ(緩衝材)が入っているので
ノートパソコンのケースとかにも良さそう。
スポンジボンディング教団として気まぐれに布教してまいりたい。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

mchigu

Author:mchigu
なまえ、「えむちぐ」と読みます。洋裁と猫と桜餅と苺と讃岐うどんと餃子が好きです。でも飼ってるのは犬です。
コメントや拍手をくださる方、ありがとうございます。こっそり小躍りして喜んでます。

FC2カウンター

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。